【会場紹介】シロトピア記念公園野外ステージ

投稿日: カテゴリー: 会場紹介

今回のイベントのメインステージとなるのが、このシロトピア記念公園野外ステージ。 平成元年に市政100周年を記念して開催された『姫路百祭シロトピア』のメインイベント『’89姫路シロトピア博』の会場跡地を利用し、観光客に親しまれる公園として整備されました。 広い公園の中の一角にあるステージというだけあって、解放感あふれ、野外イベントや野外コンサートにぴったりな場所。 当日は開会式、ダンス、音楽のコンテストなどがこの会場で行われる予定です。 また、ステージの周りには約25の飲食店が出店予定で、当日は多くの方でにぎわうことでしょう! 姫路駅からのアクセスは、タクシーやバスもご利用頂けます。

【会場紹介】JR姫路駅中央コンコース(改札外)

投稿日: カテゴリー: 会場紹介

今、全国的に設置が広がりつつある「駅ピアノ」。 姫路でも姫音祭の日1日だけ、JR姫路駅でも初の試みとなる誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ(今回は電子ピアノです)」が遂に実現します! 姫路駅西改札口を出て南側に特設ステージと電子ピアノをご用意。 ゆっくり聴きたい方にも楽しんで頂けるようベンチも設けており、演奏者、聴く方、それから見ても楽しめるようになっています。思い出作りに役立てていただくようビデオカメラも設置予定。 ぜひ、我こそはという方は弾いていただきたいと思います!

【姫音祭 出演者紹介】CROCRO

投稿日: カテゴリー: ミュージック出演者紹介

清々しく伸びやかな歌声と定評ある3声コーラスワークが織りなす、絶妙なアンサンブル。AORを彷彿させるような洗練されたソフトなサウンドを軸に展開される、独自のポップワールド。 【経歴】 1999年12月、当時大学の同級生だったマツオヒロシ・イノウエコウジ・ツルタニヨシユキの3人で結成。メンバー全員が兵庫県出身。 ユニット名を考えていた時、夜空にキレイな三日月が見えた。そこから3つの三日月が交差してひとつの満月を構成するイメージと、3人のそれぞれの表現で1つの音楽を創造するイメージが重なった。 CROISSANT(三日月)のCROと、CROSS(交差)のCROをとって語呂合わせが良いCROCRO(クロクロ)と命名。 神戸三ノ宮を拠点としたストリートライブ活動をきっかけに、本格的に音楽活動を開始。 関西各地のライブハウス、イベント等に多数出演するようになる。 関東遠征も定期的に行っていた。 2003年11月 西九条BRANDNEW主催『ROAD TO STAGE』で優勝 2004年12月 大阪21世紀協会主催『街角コンサート2004』にてヤマハ賞 2005年7月 kissFM主催『The B […]

【会場紹介】城見台公園

投稿日: カテゴリー: 会場紹介

7か所ある姫音祭の会場の中でも、最も見晴らしの良い場所が「城見台公園」です。 『世界遺産姫路城十景』にも選ばれている、右斜めからの姫路城を見ることができる格好のスポット。頻繁にイベントが開かれる「大手前公園」のすぐ北です。 写真にあるように、公園内にはちょうど姫路城が背に来る高台があり、出演者はこの上でパフォーマンスをして頂く予定です。 そこに立つだけで、姫路城がパフォーマーを盛り立ててくれる、最高のロケーション! 当日はお城と演者が一体となった素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられることでしょう!

【姫音祭 出演者紹介】中村利紗

投稿日: カテゴリー: ミュージック出演者紹介

姫路市出身のシンガーソングライター。 関西を中心に活動。 声が出なくて2年間活動休止していたが、本格的に音楽活動復活。「彼女の声には何か惹き付けるものがある。生きて行く活力をくれる。」聴く人みんながそう言う。時には哀しい唄、時には楽しい唄を歌う。素直で真っ直ぐな歌詞に注目してほしい。 2004年 島村楽器主催「ホットライン関西FINAL」でグランプリ受賞、全国大会出場。2005年、2006年、3年連続で関西大会に出場。 2007年7月 テレビ朝日放送「ストリートファイターズ@関西」にテレビ出演、近畿ランキングトップ3に入る 自主製作CD「カーネーション」発売 「R with you」が、ミル・アンジュ(加古川市)、メゾン・ド・リヴァージュ(三木市)、ラ・メゾンSuite メゾングループのテーマソングになる。姫路、加古川、明石の映画館で流れる。 2009年 声が出なくなり音楽活動休止。その後、無事に声が戻り音楽活動再開 2013年2月 自主制作 3rd mini album CD「色彩」全国発売! 2013年3月 読売テレビ「音楽のチカラ」に出演 2013年4月 神戸新聞に載る 2015 […]

姫音祭ミーティング開催のご案内(初めての方、大歓迎!)

投稿日: カテゴリー: イベントについて

姫音祭は市民ボランティアが担う手づくりのお祭りです。 よりイベントを盛り上げていくため、自由参加型のミーティングを開催いたします! お歳、性別、経験は問いません。初めての方、大歓迎!! また、姫音祭に出演したい、どんなイベントなのか知りたいといった方も是非遊びに来て下さい! 姫音祭実行委員会 全体ミーティング(第3回) 2019年9月15日(日) 13:30開場 14:00開会 会場:七福座(西二階町商店街内/西二階町85番地 ) 主な内容 ●挨拶・現状進捗 ●役割分担 ●ステージ・広報等チーム分会 ●集合写真撮影 ※終了後、ワンコイン懇親会を予定! ★途中参加、途中退出OK! 早めに来れる方は開場時間に来て頂き、机を並べたり、お手伝いをお願いします。 多くの方のご参加をお待ちしております。一緒にお祭りを創りましょう!

【ダンス出演者紹介】 B-CLAPS

投稿日: カテゴリー: ダンス出演者紹介

30年以上に渡り第1線で姫路のダンスシーンを牽引してきた老舗のダンスユニット「B-CLAPS」。3代目リーダーのTAICHIを中心にKYOSUKE、TAKU、SOYO、加西市を拠点に自らも幅広く活動している「Do-it」HIROの5名で構成。現在も全国各地の大会・イベントで活躍している。COOL-B-CREWはまだB-CLAPSを引き継ぐ前にTAICHIが所属していたチーム名で1996年に姫路市英賀保にダンススクール「COOL-B-CREW DANCE STUDIO」を創設、これまでに多くのダンサーを送り出している。 【WEB SITE】http://cool-b-crew.com/b-claps-2/

【姫音祭 出演者紹介】竹迫倫太郎

投稿日: カテゴリー: ミュージック出演者紹介

1978年兵庫県姫路市生まれのシンガー・ソングライター&ドクター。幼少期より父親の影響で洋楽に親しむ。中高生になるとポール・マッカートニーからの強い影響でギター、ピアノ、更には作詞・作曲を始める。また、ブライアン・ウィルソンからの影響でコーラス・ワークを重視した編曲の面白さに目覚める。 2002年、琉球大学在学中に沖縄のインディーズ・レーベルClimax Entertainmentより、ウエストコースト・ロックからの影響色濃いミニ・アルバム 『The Season Of Love』でデビュー。その後も同レーベルから、AOR、シティ・ポップなどと評されることの多い作風でコンスタントに作品を発表。2006年、医師免許取得に伴い音楽活動を休止。2012年、FM番組「Dr.竹迫のミュージック・クリニック」(FMくらしき、FMゲンキ)の開始をきっかけに音楽活動再開。2014年、K&T RECORDSより約9年ぶりとなる新作「Master Of Xmas」を発表。2015年、Clinck RecordsよりClimax時代のベスト集『HARMONIES~The Best Of The C […]

【姫音祭 出演者紹介】YONOA

投稿日: カテゴリー: ミュージック出演者紹介

広島県廿日市市出身。グラフィックデザイナーの経歴を経てニューヨークへ渡米後、2014年より歌手に転身し上京。同時期、ぬいぐるみブランド「DooZoo Forest」設立。 2017年マツダスタジアムカープ最終戦にて国歌を斉唱。 2018年メジャー1stシングル「This Is Me」をリリースし、同年夏に渋谷スクランブル交差点でミュージックビデオが放映される。現在Joysoundにてカラオケ配信中。 2019年1月ファンクラブ「YONOLAND」スタート。 2019年2月フルアルバム「タイムカプセル2019」リリース。全曲作詞作曲、ジャケットデザイン等のアートワークも含め、全てをプロデュースし、YONOA自身の感性と可能性が詰まった1枚。 同年、西日本豪雨災害のチャリティーソング「光になれ」による災害復興応援プロジェクト《HIKARI PROJECT》を立ち上げ、配信料全額と著作権使用料の一部を災害復興の義援金として寄付。 2019年5月 広島フラワーフェスティバル・オープニングアクトにて、チャリティーソング「光になれ」を母校ノートルダム清心中高等学校と広島南特別支援学校の生徒と共に手 […]